オーナー様必見!空室が埋まるお部屋づくり

rino_top04

50万円以上のリノベーション工事後 1ヶ月以内の入居率 100%(2014年10月末日現在、弊社実績)

空室対策のための大一不動産がお勧めする、

究極の空室対策リノベーションのご提案です。

「なかなか空室が埋まらない」「建物が古くなり家賃は下がる一方」「ローンの返済が厳しい」等、様々なお悩みをオーナー様達はお持ちだと思います。

そんなオーナー様達へ私たち大一不動産がお悩みの解決となるお手伝いいたします!

このページはチョット話が長くなりますが、マンション・アパート経営においてとっても大切な空室対策の話です。一つ一つ丁寧に説明いたしておりますので、一緒に問題を解決していきましょう!

【このページのメニュー】クリックするとジャンプします。

今すぐ検討したい空室対策!

まずは、既存の空室対策を検討してみましょう。

空室を埋める為に試行錯誤されているオーナー様も少なくないはずです。
数ある空室対策方法の中からよく使われている空室対策をご紹介します。

1. 賃料の値下げ

star_01コストがかからず、効果の出やすい簡単な空室対策のひとつですが、
収入が減り、収支バランスが崩れてしまう事もある為、注意が必要です。

2. 設備のグレードUP

star_02_setsubi例としては、インターホンをTVモニター付きインターホンへ変えたり、ウォシュレットを付けたり、エアコンを新しい物に変えたりする事で、入居者様の満足度へつながります。しかし、最近の新築物件には標準設備として付いている物も多く、他物件との差別化にはならず、収入UPまでは難しいです。

3. フリーレント

star_03_freerent契約月等の賃料をサービスする事で入居者様は初期費用を抑える事ができ、引っ越しがしやすくなる為、入居への効果があり、最近では多く見られる空室対策のひとつです。オーナー様にとって、コストはかからないものの、サービス分の収入が減ります。

4.家具家電付にする

star_04_kagukaden家具家電をオーナー様が購入をし、お部屋と一緒に貸し出しをする方法で、特に単身向けの物件に効果が出やすい空室対策のひとつです。
家電は冷蔵庫や洗濯機などのサイズが大きい物は、入居者様にとってお引越しも楽になりますので、好評です。オーナー様にとってはコストがかかり、故障等した際の対応が必要となります。

5.ペット可

star_01他物件との差別化になり、ペットが飼える物件が少ないので紹介できる入居者様の層が増え、効果も出やすいです。
ただし、ペットの鳴き声や既存入居者様との関係に注意が必要となります。

空室対策は他にもございますが、まず上記対策はご検討下さい。もちろん他にも対策はございますし、上記対策済みというオーナー様もいらっしゃると思います。
実は、これらの空室対策では埋められないことが多いのです。空室が埋まらない最大の理由は、市場のニーズに合ってない事にあるのです。

市場のニーズに合っていないと空室は埋まらない!

なぜ空室が埋まらないのか?それは市場のニーズとのギャップが生じているからです。

例えば、「間取りのニーズ」という観点から例をあげると、現状空室が埋まらない物件の間取りの多くは、小さな部屋が多いという事です。

この小さな部屋が多いという間取りは、今から15年くらい前(2000年前後)までは多くの方、特にファミリー層の支持を受け、わたくしたちのような建設会社はオーナー様にお勧めしておりました。

その証拠に15年以上前の新築時には、すぐに部屋が埋まったと思います。

一例をあげますと3DK「和室6畳、和室4.5畳×2、DK8畳」という間取りは15年以上前には、ターゲットとなるファミリーユーザーからは人気の間取りだったのです。

ところが、現在はファミリーユーザーの家族構成等の変化から部屋数が多いよりも1つの広い空間を好むという傾向があり、3DKの需要は大きく減少しています。

オーナー様は自分の物件に住んでもらいたい。これは当然の事です。

入居者様は自分好みの物件に住みたい。これも当然の事です。

そう考えるとニーズにあった物件づくりをする事が、空室を埋めるための近道ではないのでしょうか?

間取りを変えてしまえばいいのです。

現在の市場のニーズに合わせた間取りに変えることをお勧めいたします。

つまり、小さな部屋が多数ある3DKの間取りが市場のニーズに合っていなければ、ファミリーユーザーからターゲットを変えて、単身者または新婚の方等、幅広いターゲットを狙える1LDKに変える事をお勧めします。

空室対策として建て替える

star_05

新築物件に生まれ変わり、入居もかなり期待ができます。ただし、莫大なコストがかかるので現実的に難しいというオーナー様がほとんどです。

そこで私たち大一不動産からのご提案がリノベーションです。

一部屋ずつ改修工事を行う、空室対策「リノベーション」

star_06_rinobe一般的にリノベーションとは既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり付加価値を与えることを意味します。

今回の事例の場合は、ネックとなっている3DKという間取りを変更するリノベーションを行えば問題が解決できるはずです。

もちろん空室となっている部屋を、1部屋ずつリノベーションを行う事もできますので、建て替えるよりはるかにコストを抑える事ができます。

リノベーション後の入居率は飛躍的に高くなる

これまで手掛けた弊社管理の物件では、リノベーション後の入居率は大幅に飛躍しています。

  • 50万円以上のリノベーション工事後 1ヶ月以内の入居率  100

※2014年10月末日現在、弊社実績

空室対策の効果はもちろん、収支対策としての効果も抜群のリノベーション

リノベーションを行うことで、家賃の値上げも検討できます。

  • リノベーション後 家賃の値上げを行った物件率 50
  • 最大、賃料+17.000UPの実績

築32年のマンションをリノベーション実施後、家賃を39.000円から56.000円へ引き上げ、募集をした結果、すぐに入居が決まりました。

栃木県県北のニーズを知り尽くした大一不動産のリノベーション

大一不動産は、栃木県県北の大田原市、那須塩原市、矢板市、那須町の市場ニーズを理解しております。
ご提案するリノベーションの内容も、オーナー様の物件に合わせたご提案を行っております。

大一不動産だからできる提案

私たちは、リフォーム業者とは違い、賃貸管理業務を行っている為、ご入居希望者様からの生の声を聞く事ができ、市場のニーズに沿ったご提案をさせて頂く事ができます!

大一不動産だから生まれる安心感

弊社では、新築住宅や公共施設等も手掛けている実績があり、1級建築士の資格を持ったプロが工事をさせて頂きますので、ご安心下さい。

大家さんと二人三脚、アパート経営をコンサルタント

私たち大一不動産はオーナー様にとってのビジネスパートナーとして、キャッシュフローのシュミレーション、リフォームローン、節税対策等のご相談にも応じます。
二人三脚で満室経営を目指しましょう!

リノベーション物件は大一不動産が全力を挙げて集客!

「お金をかけて、工事をしたが入居が一向に決まらない・・・。」

これではリノベーションをした意味がありません。工事後の入居斡旋も私たち大一不動産に安心してお任せ下さい!
窓口へ来て頂いたお客様へお部屋のご紹介はもちろん、弊社サイトへの物件掲載や店頭POP等のあらゆる集客方法で1日でも早く入居が決まるよう、全力を挙げてサポートさせて頂きます!

リノベーションの流れ

furo01

まずはオーナー様と打合せをさせて頂き、リノベーションプランのご説明をさせて頂きます。

furo02

弊社スタッフが現地を確認し、何が原因で空室が埋まらないのか?どのようにすれば入居が決まるのか?市場のニーズをもとにオーナー様の物件に最適なリノベーションプランを作成します。

furo03

作成したプランをオーナー様へご提案をさせて頂きます。

furo04

作成したプランに沿って、弊社の1級建築士の資格を持ったプロがリノベーション工事を行います。

furo05

弊社HPでのリノベーション物件の特別ページ掲載、店頭POP等、あらゆる手法を使って、大一不動産が全力を挙げて集客を行います。

furo06

お店に来て頂いた入居者様にお部屋のご紹介・ご案内をさせて頂きます。

ご提案から入居まで大一不動産が、全力でサポートさせて頂きます!

リノベーションのよくあるQ&A

Q:工事中 現在入居中の隣の部屋のひとに迷惑にならないですか?

A:工事につきましても、責任を持って自社で行わせて頂きますので、他の入居者様への配慮は徹底させて頂きます。

Q:工期はどのくらいかかりますか?

A:物件と工事内容にもよりますが、2週間~4週間くらいです。

Q:間取りや、デザイン自分で考えたり、選ぶ必要があるの?

A:大一不動産がターゲットを明確にして、ターゲットにニーズに沿ったデザインを、オーナー様にご提案いたします。

Q:空室全部やる必要があるの?

A:もちろん、全部同時に行えば、コスト面でメリットは出ますが、必ずしも同時に全室おこなう必要はありません。まずは1部屋をやってみて入居が決まったら、次の部屋もおこなうという方法もあります。

Q:家賃あげられるの?

A:充分可能です。リノベーション後家賃の値上げた物件は半数以上です。しかも50万円以上のリノベーション後、1か月以内の入居率は100%です。(2014年10月末日現在の弊社実績)

事例紹介

b&A

時代に合わない3DKの間取りを時代に合わせたフリースタイル1LDKに変えたリノベーションの事例です。

空室対策ならアパートマンション経営を、サポートできる大一不動産にお任せください

リノベーションの目的は空室を埋める為にあります。

工事をしたが、一向に入居が決まらない・・・。工事金額と家賃の収支が合わない・・・。

このようなリノベーションでは何の意味もありません。

私たちのリノベーションは提案から入居まで全て全力でサポートをさせて頂きます。

決して工事を行う事が目的ではなく、

「空室を埋めてアパート・マンションの経営を豊かにしよう。」

これが私たち大一不動産が考えるリノベーションです。

空室でお悩みのオーナー様!大一不動産でリノベーションをやりましょう!

リノベーションのお問合せ

株式会社大一不動産 TEL 0287-22-5119

営業時間 9:00~19:00
定休日:4月~10月 毎週水曜日(祝祭日を除く) 11月~3月なし(年末年始を除く)

下記フォームからも受け付けております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

プライバシーポリシーへ同意します

不動産事業

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0287-22-5119
学生専用 0120-80-5119
営業時間 9:00~19:00(窓口は18:00まで)
水曜定休(11/14~3/末は水曜日も営業)

メールでお問い合わせはこちら

不動産事業

  • お問い合わせ
  • facebook
Copyright © 株式会社大一不動産 All Rights Reserved.