冬季水抜き(マンション編)

2日以上お部屋を空ける時や、外気温が異常に寒くなると予想される場合には、必ず給湯器の水抜きを行ってください。
給湯器水抜きを行わなかったことが原因で給湯器の配管破裂などがあった場合には、修理費用は入居者様負担になってしまいます。
また、給湯器には配管に凍結防止ヒーターが巻かれていますので、冬季には絶対にブレーカーを落とさないようにお願いします。

鉄骨鉄筋コンクリートの3階建て以上の、建物の水抜きの手順です。

1.玄関横にある給湯器の扉を開けてください。

1

2.ガスの元栓をしめましょう

5-m

写真は、開いている状態です。これを90度回して下さい。

3.給水の元栓を締めてください。

m-3

4
給湯器の元栓
※建物によってはバルブのタイプもあります

4-1
給湯器の元栓拡大

4.水道管に残っている水を出してください。

室内のお湯、お水の蛇口を全開にして、水が止まったら必ず締めてください。
(キッチン、お風呂、シャワー、洗面台)

5.給湯器の水抜き栓、給水の水抜き栓を開けてください。

5

開けると水が出てきます。

5-1
給湯器の水抜き元栓拡大

5-2
給水の水抜き元栓拡大

6.追い焚き機能がついている給湯器は、追い焚き用水抜き栓も開けてください。

5-o
追い焚き用水抜き栓拡大

5-o-1
追い炊きの場合1

5-o-2
追い炊きの場合2

5-o-3
追い炊きの場合3

注意:床暖房機能が付いている給湯器は、床暖房の栓は開けないで下さい。不凍液が入っています。

お帰りになったら

1.給湯器の水抜き栓を締めてください。
2.お湯、お水の蛇口が閉まっているか確認してください。
3.給水の元栓、ガスの元栓を開けてください。

不動産事業

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0287-22-5119
学生専用 0120-80-5119
営業時間 9:00~19:00(窓口は18:00まで)
水曜定休(11/14~3/末は水曜日も営業)

メールでお問い合わせはこちら

不動産事業

  • お問い合わせ
  • facebook
Copyright © 株式会社大一不動産 All Rights Reserved.